コリアンダーと言うと聞き慣れない名前かもしれませんが、タイではパクチーと呼ばれており、

 

私たちにも馴染みのある料理の香り付けに使われるハーブの一つです。

 
もとは地中海原産の植物で、古来よりスパイスや薬として使われてきました。

 

古代ギリシャやローマではワインの香り付けに利用されたり、インドでは肉の腐敗防止に使わ

 

れたりした歴史があります。

 
この葉には消化促進や食欲増進の効果があり、食べ過ぎた時にハーブティーとして飲むと

 

効果的だといわれています。

 
生の葉はその独特の芳香と風味から人によっては好みが分かれるようですが、種子から抽出

 

したアロマオイルはスパイシーでほんのり甘く、官能的な香りがするため香水や化粧品の原

 

料によく用いられています。

 
主な芳香成分にはリナロールやリモネン、カンファーなどがあり、全成分の60~70%を占め

 

るリナロールには鎮静作用が期待できます。そのためリマウチや関節炎の痛み、偏頭痛を和

 

らげたりするのに有効的です。

 
またアロマオイルの香りには集中力や記憶力をアップさせたり、落ち込んだ気分を高揚させ

 

たりするリフレッシュ作用があります。

 
さらにこのアロマを使ったマッサージを行うと血行促進により体が温まり、体内の毒素や老廃

 

物を排出する手助けをしてくれるので美容にも効果的です。