無職 キャッシング

無職でキャッシング

無職でもキャッシングをすることはできるのでしょうか。審査をクリアしなければ、キャッシングは利用できません。無職でもキャシングをすることは不可能ではありませんが、無職であろうがなかろうがキャッシングを受けられない理由はあります。他社借入件数が複数ある顧客に対しては、キャッシングは認められません。上限を超えると無職でなくてもキャッシングをすることはできません。審査の一つとして、キャッシングの申し込みをした人の電話に実際にかけてくることがあるようです。確実に連絡のとれる電話番号を書いておくことも大切です。電話での確認ができなかった場合、無職かどうかに関わらず審査で落とされることがあります。郵便で確認されることもあるので住所は正しく記入しましょう。間をおかずに立て続けに3社以上のキャッシング申し込みを行うと、その事実だけでキャッシングの審査に落とされますので、注意してください。無職で審査が通りづらいからといって、あまりに多くのキャッシング会社に申込みをするとますます審査に通らなくなってしまいますので注意が必要です。多くても2社でのキャッシングにすることが、無職の人も、そうでない場合でも、審査に通るためには重要です。

無職でキャッシングする方法

無職ではキャッシングをする場合には必ず審査がありふつうキャッシングをするのは難しいものです。キャッシングを無職の人が利用したいという時は、どんな方法があるでしょう。もし自宅でオークションやフリーマーケットなどを行って少しでもお金を稼いでいれば、立派な自営業者です。会社に出勤しているわけではない人でも、自営業者であるといえます。職場に関しては、何でも屋号にできます。自宅と勤務先が同じとして電話番号を記入しておけば自宅に電話がかかってくるだけなので対応することは可能です。パートやアルバイトとして働いているのであれば、無職という肩書きを使わずに申し込みが可能です。無職ではなくフリーターとしてキャッシングの申請を行いましょう。アルバイトをしているだけでもずいぶんキャッシングの審査は通りやすくなります。収入ゼロであれば無職かもしれませんが、わずかでも収入があるなら、それを収入減として記してしまいましょう。派遣社員という肩書を作ることもひとつの方法です。派遣会社に登録をするだけで派遣社員になることができるからです。仕事をしているかどうかは、派遣社員であると関係がありません。大手の派遣会社に登録しておいて勤務先に派遣会社を書いておけば、無職よりはるかに簡単にキャッシングの審査に通ることができます。すぐにお金を借りたい人には難しい方法ですが、無職でキャッシングを利用したい人にはいいやり方です。

無職でキャッシングする場合の注意点

無職でも事情があってキャッシングをしたいという人もいるでしょう。無職でキャッシングをする場合どのようなことに注意したら良いのでしょうか。キャッシングと無職という単語で検索をすると、大抵の場合は闇金融に関するページがピックアップされます。闇金融とは金業者の登録をしていなかったり、登録はしていても違法金利で貸し付ける金融会社のことです。無職や、ブラックリスト入りしていて融資を断られ続けている人を、キャッシングに誘います。お金をどうしても用意しなければならないのに、キャッシングできるところが見つからないと気持ちは焦るばかりで深く考えずに融資という言葉に簡単に飛びついてしまいがちです。闇金融は、高金利で融資を行い、強制的に返済を迫るだけでなく、暴力団などの団体が背景組織として関わってくることもあります。暴力行為スレスレの取り立てをしてくるところもあります。一般的には、法律で規定された範囲でのみの融資が行われていますが、闇金融のキャッシングにはそれらの制約が存在していません。キャシングで借りたお金を返したくても無職ではお金が入ってきませんのでより一層返済が厳しくなります。もしも闇金融から融資を受けてしまった場合、自己破産や任意整理で債権を整理しようとしても、思うようにいかないことがあります。闇金融は住所が架空だったりすることも多く、弁護士に頼んでもうまくいかないのです。闇金融の手口に引っかからないことが、無職でキャッシングを利用する時の注意点といえます。